株式会社JRTA(ジャルタ)は【割付】をコンセプトに建築分野(屋根)では屋根材プレカットを通じて【CO2排出抑制】【3R・・・リデュース・リユース・リサイクル】を、
カメレオンコードや映像(新企画)によって効率化を促しコスト削減を推進しています。

ライン

何故プレカットするのでしょうか?

屋根工事では、物件規模に応じた量(?何トンもの製品)の屋根材を屋根の上に運び、その場でカットして施工しています。

  ちろん発生した端材は再度屋根から降ろし、全て建築廃材として処理されています。

  必要以上の瓦を現場に持込、その結果大量に残った残材・余剰材をお金をかけて処理をしています。

  【大量のエネルギーを使い、多くの二酸化炭素を発生させて作った屋根材を使い切る事無く、

  【余剰材・残材の回収も現場毎に回収処理をしています。】

  建築現場では【製品の過不足】【騒音・粉塵】【残材・・・廃材・余剰製品】が発生しているのです。


何故建築現場では  

            【製品の過不足】が発生するのでしょうか?

                                      正確な数量が計算できないのでしょうか?

何故建築現場では

            【騒音・粉塵】が発生するのでしょうか?

                                      建築現場に製品を運ぶ前に物件に合わせてカットできないのでしょうか?

何故建築現場では

            【残材・・廃材】が発生するのでしょうか?

                                      事前に正確な計算やカットで建築現場では残材が発生しないように出来ないのでしょうか?


多くのエネルギーを使い二酸化炭素を発生させて作った屋根材です。

                                         しっかり使い切りたい物です。【もったいない事】です。

ルーキャディーキャド7(旧名3RCAD)によって                                               屋根材・工法別比較(材料・CO2等々)image-1image-1
        1.正確な屋根寸法・割付
        2.ロス率ゼロの屋根材計算
        3.残材重量・屋根材重量・コンパネ重量・ルーフィング重量・桟木重量
        4.屋根材の製造に関わる製品and輸送での二酸化炭素排出量
        5.太陽光パネル割付・・・パネル型・瓦一体型
        6.プレカットDATA(カット図面・NC-DATA・SE-DATA)

    1~6を算出し屋根材をプレカットする事は最少限の屋根材で施工する事になり

            1.材料コストが下がり、
            2.屋根材製造に関わる二酸化炭素排出量も最少限にし、
            3.建築現場やカット工場での残材・廃材も最少限に出来ます。
            又、最少限の屋根材を輸送する事で
            1.輸送に関わる二酸化炭素排出量も最少限にし

            その上、残材・廃材を効率良くリサイクル製品に出来るのです。

屋根材プレカットソフト【ルーキャディーキャド7 旧名3RCAD】は次のDATAを提供します。
  1. 屋根展開図・・・・・・・・・・各面の面積や二酸化炭素排出量の集計等々
  2. 屋根伏せ図・・・・・・・・・・フレーム番号入り(HUSEZUコマンドで指定した番号) 
  3. フレーム図 ・・・・・・・・・・屋根材の割付した面毎の図面(瓦一体型太陽光モジュールは重ねて表現)
  4. 屋根材のプレカット図面・・・各面の右側・左側部分
  5. SE-DATA・・・・・・・・・・・・・・入力したDATAや計算結果等々のCSV形式のファイル
  6. NC-DATA ・・・・・・・・・・・・・「全自動プレカット可能」「使い回しの集計」DATAのCSV形式ファイル
       ※各ファイルの詳細は
【屋根材プレカットDATA】を参照してください。 
1. 屋根工事現場に余分な材料を運ばない。・・・・・・・・・・・・・CO2排出量削減・使用材料の削減
2. 建築現場で粉塵・騒音の発生を削減・・・・・・・・・・・・・・・・・プレカット工場でカット
3. 余剰材・残材を回収する事を無くす。・・・・・・・・・・・・・・・・・CO2排出量削減(プレカット工場で一括発生)
4. 工事に要する施工時間の短縮・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・職人の職場環境の改善・人材確保
5. カット作業からくる事故の削減・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・近隣のへの配慮
6. カット作業場所の確保は必要が無くなります・・・・・・・・・・都会の狭小地では確保しにくいものです
         









プレカット陶器瓦 プレカットカラーベスト 瓦リサイクル Kグランド MITEMASU フルHD360°カメラ フォログラム



個人情報保護法方針                       株式会社 JRTA (ジャルタ)       2006 Copyright JRTA CO.,Ltd