株式会社JRTA(ジャルタ)は【割付】をコンセプトに建築分野(屋根)では屋根材プレカットを通じて【CO2排出抑制】【3R・・・リデュース・リユース・リサイクル】を、
カメレオンコードや映像(新企画)によって効率化を促しコスト削減を推進しています。


         プレカットの効果

            ルーキャディーキャド7(旧名3RCAD)によって                                 屋根材・工法別比較(材料・CO2等々)image-1

            1.正確な屋根寸法・割付
            2.ロス率ゼロの屋根材計算
            3.残材重量・屋根材重量・コンパネ重量・ルーフィング重量・桟木重量
            4.屋根材の製造に関わる製品and輸送での二酸化炭素排出量
            5.太陽光パネル割付・・・パネル型・瓦一体型
            6.プレカットDATA(カット図面・NC-DATA・SE-DATA)

            1~6を算出し屋根材をプレカットする事は最少限の屋根材で施工する事になりimage-1

            1.材料コストが下がり、
            2.屋根材製造に関わる二酸化炭素排出量も最少限にし、
            3.建築現場やカット工場での残材・廃材も最少限に出来ます。

            又、最少限の屋根材を輸送する事で
            1.輸送に関わる二酸化炭素排出量も最少限にし

その上、残材・廃材を効率良くリサイクル製品に出来るのです





個人情報保護法方針                       株式会社 JRTA (ジャルタ)       2006 Copyright JRTA CO.,Ltd